名刺データの管理とメルマガ配信

すでにB2Bの事業に取り組んでいる中小企業・個人事業主のための100〜200万円の売上をゲットするための手順。

名刺データの管理とメルマガ配信

すでにB2Bの事業に取り組んでいる中小企業さま・個人事業主さまが、100〜200万円の売上をゲットするための手順についてオンライン講座で詳しく解説いたします。

オンライン講座を受講する

ほとんどの中小企業・個人事業主の
経営者をはじめ、営業担当者は、
名刺交換した見込み客の名刺の管理ができていません。

開業したばかりならともかく、
数年以上営業を続けてきたのなら
お客様候補から頂いた名刺が、
社内に1,000〜5,000枚程度はあると思います。

ステップ1
その名刺をすべてスキャンして
名前、会社名、メールアドレスなど
必要な項目を データベース化する

富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)

ステップ2
数十万円程度のキャンペーン商品を用意する

ステップ3
ステップ2で用意したキャンペーン商品を販売するための
メール配信をする

ステップ
配信メールに対して問合せがあったお客さま、
メールの開封回数が多いお客さま、
メール内のリンクをクリックしたお客さまにアプローチして
キャンペーン商品の販売をしていく

2,000通のメール配信をすれば、
開封率 30%として600人が開封、
そのうち1%のCVRとすると
6件✕数十万円程度のキャンペーン商品が売れるはずです。

私の会社のメルマガでも、 1回のメール配信で
100〜200万円程度のキャンペーン商品が 1〜2件売れていきます。
ぜひとも試してみてください。

オンライン講座を受講する